リポビタンDキッズプレゼンツ

2013年3月24日(日)

リポビタンDキッズプレゼンツ 第2回JrBA野球教室

  • 【日時】 2013年3月24日(日)13:00~16:00
    【場所】 本町公園(兵庫県姫路市)
    【参加】 広畑コンドルズ・しらさぎファイターズ
    【講師】 佐野慈紀さん(元近鉄バファローズ)
    【協賛】 大正製薬株式会社(リポビタンDキッズ)

2013年3月24日兵庫県姫路市にて「広畑コンドルズ」・「しらさぎファイターズ」の2チームを対象とした第2回目の野球教室を開催いたしました。
今回の野球教室は、ファイト一発!でお馴染みの大正製薬株式会社のご支援を頂き実施に至っております。

また教室の講師には”ピッカリ投法”で有名な「佐野慈紀さん(元近鉄バファローズ)」をお招きし、楽しい時間を全員で共有できました。

野球教室に参加したのは約40名の選手達。体験会に参加したチビッ子達も参加するという型にはまらない形式の教室はアッと言う間に時間が過ぎていきました。

また、この日は新日鉄広畑の硬式野球部からシマウチ選手とイケモト選手の2名助っ人がおいで頂き、佐野さんからの指導方針を確認した上で3人体制の野球教室となりました。

塁間ボール回し

ということで、今回は高学年チームと低学年チームにいきなり分かれて開始です。
佐野さんはいきなり低学年チームをご担当。ボールのキャッチの仕方をあえてグローブは使わずに、素手だけで伝授です。
まだ、ボールに慣れない子供達もいましたが、優しく転がるボールを素手でキャッチすることで退屈せずにキャッチボールを楽しめたのではないでしょうか。

その間、高学年チームは十分なキャッチボールを行い、肩が温まったところで本気の塁間ボール回しに移行です。
今回もより真剣度合いを持たせるために、佐野さんから「失敗したら、そのベースの仲間は全員一緒に腿上げ!」の課題が出されます。
一気に緊張感の増す瞬間ですが、メリハリがあってイイですよね。

高学年チームは4つの塁に散らばって離れたベースの相手に対してキッチリと送球します。非常にレベルの高い両チームですが、佐野さんと皆の視線を感じてしまうとやや腕が縮こまってしまうのでしょうか。ワンバウンドや暴投になるケースも出てきます。
するとすかさず佐野さんから「ハイ、腿上げ~!」の号令。
選手達は嫌な顔せず、少し笑顔を見せながら、それに取り組みます。

個別講習

ボール回しを終えると、野手とバッテリーチームに分かれての個別講習となりました。
野手チームは、新日鉄広畑の選手達がフォローしながら、バッテリーチームには佐野さんがみっちり指導です。
約20分間、身振り手振りを交えながらの熱血指導をしていただきました。
みんながみんなシックリくるとは思いませんが、より効果的な投球術を学べる最高の機会であったと思います。

佐野さんVS全選手

その後は恒例の「ピッカリ投法に挑戦!」です。
この日も、佐野さんは時折ピッカリ投法を交えながらも真剣に子供達全員との勝負を演じてくださいました。

子供たちは、時折佐野さんが見せるスピードボールに一喜一憂しながら、実践さながらの緊張感にワクワク感を添えた打席を楽しんだようです。

全員との勝負ですから佐野さんの投球数は200球近かったのではないでしょうか?
でも「きっとこれが思い出になるから」という佐野さんのサービス精神の表れなのでしょう。
何より見ている指導者・保護者の皆さんの笑顔の方が多かったのではないでしょうか?

ファイト一発!

野球の楽しさを存分に楽しんだ後は、野球教室の御協賛を頂いた大正製薬様のリポビタンDキッズを子供たちに、成人男性にはリポビタンD、女性にはリポビタンファインが贈呈されました。
そして皆でリポビタン製品を持ち「ファイト一発!」記念撮影で第2回野球教室は締めくくられました。

リポビタンDキッズをもっと知りたい方はこちらをご覧ください。

  • 「がんばれ東北!」プロジェクト
  • 野球教室
  • 少年野球チームを応援するコミュニティポータルサイト
  • 子供達への応援メッセージ
  • 野球教室
  • 子供達への応援メッセージ
PAGE TOP
PAGE
TOP